Dragon Ashはどんなバンド? メンバーは? 交友関係は?

Pocket

Dragon Ashは日本のミクスチャー・ロックバンドだ。もともとは1997年にボーカルの降谷をはじめ、3ピースでデビューしていた。

降谷の父親は俳優の古谷一行で、降谷の奥様はタレントのMEGUMI

 

「ドラゴンアッシュ」の名前の由来って?

 

 

 

 

ドラゴンとアッシュ(灰)という単語が組み合わさってできた「ドラゴンアッシュ」というグループ名だが、もともとは「Drag on Ash」という言葉だった。

Drag on Ash」だとDragを連想させる事、降谷建志がドラゴンボール好きなため、「Drag」と「on」をつなげて「Dragon Ash」になったという。

意味は「だらだらしてると灰になってしまう」

Sponsored Link

メンバー紹介

・降谷建志(ふるやけんじ)

ボーカル&ギター担当

197929日生まれ

B

東京出身

降谷建志はドラゴンアッシュのボーカルを務めており、ドラゴンアッシュにとって欠かせない存在だ。あだ名はKj(ケージェー)、全曲の作詞・作曲を手掛けるDragon Ashのリーダーでもある。キーが高く透き通る声が魅力で、ドラマチックな音楽を生みだしてきた。抜群の音楽センスと行動力をもって付き進む姿は、現在のDragon Ashの原動力にもなっている。プロデュース業にも手を広げ、各方面での活躍ぶりも高く評価され、才能豊かなカリスマ的アーティストだ。妻のMEGUMIとは結婚9年以上、子宝にも恵まれ今でも仲良しな姿を見せている。MEGUMIの趣味はカメラという事もあり、いつも雰囲気のいい家族写真をブログにアップしている。

・佐藤 哲也

DJ、パーカッション

1973530日生まれ

O型

メンバーに参加する以前からレコーディングやライブにDJとして参加しており、1999年に正式メンバー入りを果たす。特にヒップホップ系の楽曲では活躍している。

最近はパーカッションも担当しており、独自の音楽性を広げつつある。

・杉山弘樹

ギター

1966年生まれ

ミクスチャーバンドStroboではリーダー兼ギタリスト。

誰も考えないような発想力でドラゴンアッシュの楽曲の様々なところにぴったりなギターアクセントを加える。そのセンスの良さは海外からも注目されている。

・千葉雅紀

ブレイクダンサー。

ライブでのパフォーマンスは勿論、音楽とシンクロした様々なダンスを取り入れている。パワフルなダンスは、曲と一体となりライブでも爆発する。

・高橋アツシ

ダンス

197927日生まれ

AB

東京出身

2001年からサポートメンバーとしてツアーやミュージックビデオにも参加するようになる。その後、ドラゴンアッシュのメンバーに正式に加入したブレイクダンサーだ。180センチと身長が高く、ダイナミックでエネルギッシュな振付けを生みだしている。ソロダンサーとしても活躍中で、その活動範囲は日本だけではなく海外にも広がっている。

・桜井 誠(さくらい まこと)

ドラム

197927日生まれ

O

東京出身

結成当時から活躍する一流のドラムテクニックを持ったドラマーだ。力強くブレないスティックさばきでハイスピード、スローテンポも巧みに演奏する。他バンドとコラボするなど、多方面でも活躍の場を広げている。趣味はテレビゲーム。

・馬場育三(元メンバー、急性心不全のため死去)

ベース担当

1965111日生まれ

A

東京出身。

今は亡きベーシスト。ピンキー&ザ・クレイジーラブマシンなどのバンドで活躍後、Dragon Ashのメンバー募集のオーディションに加入し、リズム感やテクニックなど、高い技術が評価された。センスあるファッションや奇抜なベースパフォーマンスで、観る者の目を楽しませてくれた。テレビっ子と言われる程テレビが大好きだった。

Sponsored Link

降谷建志はRizeと仲良し

ドラゴンアッシュの降谷建志はRizeと交流があり、某インタビューでは、

降谷:「おれらとRize、山嵐(神奈川県湘南を拠点に活動するバンド)はミクスチャー代表だから」と名前を出している。降谷は山嵐とコラボしたこともあり、親しい関係がうかがえる。

 

 

 

 

 

馬場育三とX-JAPANのhideは仲が良かった?

馬場育三とX-JAPANのhideはとても仲が良かった。

二人が出会ったのはドラゴンアッシュが結成される前の事だった。

ちなみに当時ドラゴンアッシュはミクスチャーバンドではなくビジュアル系バンドだった。

昔から仲良くしていたという大物アーティストの意外な関係性がわかったが、残念ながら今は二人とも他界している。

Sponsored Link