ONIGAWARAは元「竹下電気」。おすすめ曲や過去の振り返り

Pocket

 

ONIGAWARAという不思議なネーミングのアーティスト。愛知県で「竹下電気」という5人バンドのメンバーだった竹内サティフォ&斉藤伸也が手を組んだ、おしゃれなポップユニットがONIGAWARAだ。なぜか可愛くて憎めない。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ONIGAWARAのプロフィール

・斉藤伸也 (ボーカル)

身長175センチ

やぎ座

AB 型。

好きな食べ物:ラーメン、おこわ

好きな飲料:ジュース

体育会系のノリが苦手。すぐにSNSでバーチャルなコミュニケーションに依存する。某インタビューで斉藤はこう答えている。

「やりたいことは20歳くらいから全く変わってないです。J-POPが好きで、ああいうものを自分たちの手で一から作ってみたいという気持ちがありました。」

(引用:https://www.cinra.net/interview/201703-onigawara

 

 

 

・竹内サティフォ

牡羊座

A

身長180cm

好きな食べ物:ラーメン、カレー、お寿司

好きな飲み物:ビール、牛乳

好きな漫画にちびまる子ちゃんを挙げている。

寒さとゴキブリと体育会系のノリが苦手。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

ONIGAWARAの歴史

二人はもともと、幼馴染5人でポップバンド「竹下電気」というバンドを組んでいた。高校の時からライブ活動を始め、マックのラジオCMなども書いてブレイクした事もある。しかし斉藤は当時ドラムを担当していたが、下手すぎたためにクビになってしまう。

しかし何らかの形で竹下電気と関わっていきたいと思い、今度はダンサーとしてバンドに居座る。このまま活動を続けていたものの、メンバー間で様々な亀裂が生まれ、2013年に解散してしまう。 しかし竹内&斉藤ペアは夢を諦めず、2人で「SUPER J-POP UNIT」として活動を始めるようになった

しかしそんな時にターニングポイントが訪れる。2016823日、Google Play MusicCMに「タンクトップは似合わない」が起用された事で一気に知名度が上がる。

ちなみに私もこの曲は好きだ。「上腕二等筋~♪」「パーマにガリガリ~♪」など、歌詞にも遊び心あって面白い。ライブで毎回盛り上がる事確実だ。

この時、音楽業界初となるファーストペンライトシングルである「タンクトップは似合わない」を発売したが、一部のヴィレバンで数量限定で発売された。黄色のペンライトにシリアルナンバーと楽曲コードがついている。

ONIGAWARAのファンであるガワラーたちからは、「ライブで歌って踊れるから楽しい!」という魅力をかわれている。

 

 

 

ONIGAWARAのおすすめ曲

Eじゃん

 

 

 

まとめ

ONIGAWARAの歴史を振り返ってみると、2人はとにかくどこまでもやりたい音楽を追い続け、夢を諦めなかったからこそ今に至るというのがよくわかる。ひたむきさ、音楽への情熱が伝わってくる。2013年から本格始動していき、今やフェスやTOKYO BOOTLEGなどの大型ライブサーキットにも、多数参加するくらい人気になっている。各地入場規制、あるいはそれに近い状態になる程だ。

彼らのキャラクターや音楽は、衝撃というより笑撃だ。今後も全国に着々と「ガワラー」を増やしていくに違いない。

 

 

 

Sponsored Link